Alice Guitar’s Diary @GANDAM

女ギター弾きが綴る音楽とギター、ガンダムと日々思うこと

ジオンのMSが好きな理由

音楽関係の話が増えると思うこのブログですが、
最初の記事はガンダムから。

私はガンダムが好きでガンプラもよく作りますが、
作るのはジオンのMSばかりです。

壁紙やグッズもジオンばかり。

連邦に比べて私にはジオンのMSはとても格好よく見えます。
なぜジオンのMSはあれほど格好いいのか?
自分はなぜメインであるガンダムという機体に憧れないのか?

日々そんなことをふつふつと考えていたわけですが、
そんなある日、ユニコーンガンダムトリトン戦を見ていた時です(ここはジオンのMSが非常に格好いい動きをする場面が多数出てきます)。

イフリートシュナイドがササー!っと降下してくる場面で、その足元がクローズアップされます(一瞬)。
その時に今更ですが、ふと気づきました。

ブーツカット

そうなんです、イフリートもそうですが、ジオンのMSデザインは基本的にブーツカットで、機体によってはフレアまで広がるようなものもあります。

ブーツカットは私自身どれほどスリムが流行ろうとも決してそのスタイルを変えないパンツスタイルであります。

ジーンズもパンツも全てブーツカット
私の中でブーツカットはそれこそまさにROCKだからです。
ブーツカットなくしてロックは語れません、スリムのピチピチのあのスキニーとかいうやつですか?あんなのロックじゃないですわ。

今時ブーツカットは流行らないとかダサいとか言われてましたが、
関係ないです。

流行りとかどーでもいいです。

私はブーツカットが好き。それだけです。

話がそれましたが、まぁそこでジオンのMSが格好いいのは随所にロックな要素があるからだと思いました。

色にしても、あの1つ目にしても、チョットドイツ軍をイメージした雰囲気も含めて、
現在の主たる大きな存在に対しての反発精神を感じます。

ガンダムという壮大な物語には「戦争」「政治」「経済」というあらゆる側面から人間を描き、その悲しみや可能性、絶望までもを描いています。

音楽もまたあらゆる思想が入り混じった中で、人の夢や悲しみ、怒りや愛を形にしたものであります。

私は多種ある音楽の中でロック全般が好きです。

なので、要素として近い部分を持ち合わせたジオンのMSが好きなんだと思います。
クラシックのように完成されたものではない、
もっと人間の本質に近い危うい何かです。

ジオンのMSはそのデザインコンセプトからして私のど真ん中なわけです。

 

f:id:alice-guitar:20190607090037j:plain

これから作るぜ!イフリートシュナイド!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村