Alice Guitar’s Diary @GANDAM

女ギター弾きが綴る音楽とギター、ガンダムと日々思うこと

ギターブランドと演奏資格

先日、新しいエレアコ購入のため数か月ほど東京と自宅(某避暑地)を行ったり来たりしていました。

お茶の水、池袋、渋谷、新大久保…

新大久保で掘り出しものの中古を狙っていたのですが、
コレ!っていうものになかなか出会えず行ったり来たり。

某有名楽器店(マーチンの代理店)では何年かぶりにひどく上から目線の扱いを受けまして、かなりビックリしました。

今時、あんな接客あるんですね。

あそこは2度と行きませんわ。

んで、ネットでなんとなくアコギの事をを調べていてふと目にしたコメントで、

「マーチンを弾くにあたいするテクニックがない人はマーチン持っちゃダメ」

おおお!

なんつうう!

本気でそーゆー事思ってるのか?

楽器持つのに資格とかあるんですか?

えええええ!

じゃぁ、初心者の小学生が初めにマーチン買うのとかはダメって事ですか?

マーチン信仰強い人ってなんか上から目線の人が多い気がします。


音は感覚の問題だから結局は個人の好みだし、
ギターを弾きたいと思った人がどのようなテクニックだろうと、
どんなブランドのギター持っても自由だと思う。

あーゆー人が未来のジョン・レノンを抹殺しているだろうなぁ~
などと少し残念な気持ちになりました。

歴史に残る音楽は最初は大抵が少数派です。

既存の型に収まりきらない無垢な心が次世代の音楽を作っていくのではないでしょうか?

トラディショナルなものを追い求めそこに安心感を得るのも構いませんが、
過去にそんな人ばかりだったらブルースもジャズも誕生しなかったでしょうね。

 

f:id:alice-guitar:20190607232929j:plain

自分が生まれる前の音楽に憧れて音楽を始めたんだよね~

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村