Alice Guitar’s Diary @GANDAM

女ギター弾きが綴る音楽とギター、ガンダムと日々思うこと

ドンシャリ気味が扱いやすい

昨日はバンドのリハで、HIWATTのスタックでした。

前回のリハではMIDをブースト気味にして存在感のある音を出すことに挑戦したみたのですが、

最初から最後まで納得のいく音、(気持ちいい音)にはならず、

メンバーには申し訳ないが、全くテンションの上がらない役立たずのギタリストとなってしまいました。

リハの間中、あーでもない、こーでもないと、

細々いじっていたにも関わらず、MIDをブースト気味にする事にこだわりすぎたためバンドアンサンブル的に最悪でした。

今回は逆にMIDを抑え気味でTrebleは耳にいたくない程度、

ヌケはプレゼンスで調整するといったラフな感じで挑んだのですが、

う~ん、HIWATTのようなアンプでは結果良かったです。

低音がベースにかぶることもなく、そこそこの倍音で気持ちよく演奏できました。

欲を言えばやはりもう少しMIDを上げて太く柔らかい印象の音にしたかったのですが、

それは私のセンスでは難しいようです。( ;∀;)

 

ギターはそれだけで音を作って「おお!いい音じゃん!」とか思っても、

実際バンドでアンサンブルになると「へ?」ってなる事の方が多いです。

バンドで合わせた時にどのように聞こえるかが重要なので…。

 

ちなみに、私の個人的印象ですが、LOVE PEDAL系などの歪を使うをわりと簡単にMIDブースト気味の音が作れるとは思うのですが、あれはあまり好きでない。

狙っているところはいいんだけど、そーじゃない感がやはりある。

これも個人の好みですよ。

自分自身の音の追求はもちろん大切ですが、

やはりバンドである以上、どのような音にしたらより迫力とインパクトのあるバンドサウンドになるか?

こちらの方が重要ですかね。(私はですよ)

 

こーやって悩むのも楽しみの一つって事で。

 

↓こちらのWampler Pinnacle Deluxe V2は私の現在のメインDRIVEです。


Wampler Pinnacle Deluxe V2

 

これより以前はFULL DRIVE2を使っていました。
まぁ、好みはわかりますわね。(^^ゞ

 

 

f:id:alice-guitar:20190611122524j:plainPhoto by Julia Caesar on Unsplash

 

We don’t have education, we have inspiration; if I was educated I would be a damn fool.

 - Bob Marley (ボブ・マーリー) -

 

俺たちには学はないけど、インスピレーションがある。
もしも教育なんて受けていたら、とんでもない愚か者になっていたさ。