Alice Guitar’s Diary @GANDAM

女ギター弾きが綴る音楽とギター、ガンダムと日々思うこと

音作りに答えはない

ギターで使うエフェクターですが、初心者の方からの質問で最も多いのがこのエフェクターとアンプの使い方についてです。

確かに最初は意味不明で何がどのように、何に作用しているかさっぱりわかりませんよね。

私自身どーやって覚えていったのかあまり覚えていないのですが、

とにかくツマミを回しまくって「耳」で確認していった記憶があります。

特にエフェクターの繋ぎ方についてはよく話題に上りますが、

つなぎ方に「正解はない」というのが私の持論です。

ドライブ系からモジュレーション系、最後にアンプというのが一般的ではありますが、

本当にそれが正しいのでしょうか?

コーラスとエフェクターで考えるなら、ドライブの前と後ろでは音もずいぶん変わります。

あえてドライブの前にコーラスをかける事で、自分の望んだ音になるという可能性もあるわけで、どんなつなぎ方をしてもそれは間違いではないと思います。

ただ、世の中には嫌な奴というのいまして、

他人のつなぎ方を覗いて「あいつは基本的な事もしらない素人だ」とか言っちゃうアホがいます。

色々なつなぎ方を試した後で、少し変わったつなぎ方ならそれも良いではないですか。

本人の好みですから。

そんな奴がいるもんですから、私は基本的な事を伝える時にかならず「一般的に推奨されている方法」というものを伝えます。

そのうえで「絶対ではない」という事も伝えます。

探求心を持って自分らしい音を作ってほしいし、それは「個性」という意味でとても重要だと思うからです。

うまいだけで個性のない演奏よりも、下手でも個性の感じられる演奏の方が私は好きなので…。

つなぎ方をアホから少しバカにされた時も、「あえてこうしている」と伝えれば、少しはアホにも真意が伝わるでしょう。

音楽やっている人の中には承認欲求が満たされずに、常に他人を批評したりあら捜しをする人がわりと多くいます。

自分に自信がないのはしょうがないとしても、その負のエネルギーを他人に向ける事で自分の価値や位置を確認している輩です。

付き合わないのが一番ではありますが、そーもいかない場面もありますので、そーいった人に出会ったら話半分で聞きながすのが一番です。

世の中に溢れている「当たり前」に流されずに、自分だけの音、自分だけのギター、スタイルを作っていくことが、さらに新しいサウンドを生み出す事にも繋がると思います。

最初は誰かの真似でいい。

最初は本の通りでいい。

そして疑問や不満が生まれた時に、「どーしたら満足できるか?」「どーしたら納得のいく音が作れるか」その答えを日々模索する事で自然と機材に詳しくなり、どんどん言葉の意味や機材が持つ特性を理解してよりスピーディーに与えられた環境で自分の音作りをすることができるようになるんじゃないかと思います。

 

 

f:id:alice-guitar:20190617175145j:plain

A good place by the guitar is that isn’t told at school.

 -ジミ・ヘンドリックス Jimi Hendrix(1942〜1970)-
アメリカのミュージシャン

ギターのいいところは、学校でそれを教えないところだ。